女性の一人暮らしで気をつける防犯のこと

女性の一人暮らしの防犯対策で気をつけたい点は
女性の一人暮らしというと、誰しも心配が多いことと思います。空き巣や強盗のほか、性犯罪被害は警察発表よりも実数ははるかに多いといわれています。

「どこかの誰か」のことだと思わずに、自分自身がそんな被害に万が一つにも遭うことのないよう、できる防犯対策はすべて実施して安心に生活できるようにしましょう。

まず、今からお部屋を選ぶという場合は、できるだけ高層階にしましょう。いうまでもなく外からの侵入を防ぐためです。もう低層階に住んでしまっているという方の場合は、当然のことですが外出時、就寝時には家中のドアと窓の戸締りをしっかりしましょう。

見落としがちなのが在宅中の戸締りです。今、離れている部屋の戸締りは、やっぱりきちんとしましょう。自分が在宅している時は油断しがちなものですが、お金や物はあるだけ差し出せばいいとして、性犯罪被害に遭ってしまってからでは後悔しても遅いのです。気をつけましょう。

そして、戸締りさえしっかりしていればいいかというとそうではなく、その「戸締りの質」が大切です。鍵やロックの品質が低ければ、戸締りをしていても簡単に侵入されてしまいます。鍵をいい物に交換したり、窓に補助錠をつけたり、防犯ブザーをつけたり、まずは自分でできることからきちんとやっていき、防犯意識を高めてください。